RUN DMC ~クイーンズから登場~

ヒップホップはブロンクスの貧困な若者達が誕生させた。

そして、79年の"ラッパーズ・ディライト"をきっかけに、アフリカ・バンバータやグランド・マスター・フラッシュ達が浸透させた。

この文化はブロンクスだけでには留まらず、カーティス・ブロウに続き、クイーンズからの第2弾、RUN-DMCが登場する。

彼らは、カーティス・ブロウの息子的存在である。

RUN DMCの登場で、ヒップホップ界は、さらなる変化を遂げていく。

スポンサードリンク

Run DMCは、ゲットーではなく中流階級だ!

カーティス・ブロウ同様、ラッシュ(ラッセル・シモンズ)がマネジメントしているRUN・DMCは、MCであるRUN(ラッシュの弟)とDMC,DJのジャム・マスター・ジェイの3人からなるグループだ。

彼らは、なんとゲットーではなく、クイーンズ出身の中流階級なのだ。

貧困な若者たちが、お金がないがなく作り上げた文化が、中流階級にまで広まったのである。

中流階級のヒップホップアーティストが、世界的に大ヒットとなったのは、歴史において重要であり、文化の大きな変化を証明できる事柄だ。

衝撃はそれだけではない。彼らは、今までのヒップホップサウンドとは違い、ドラム音のみのビートに、ラップを載せたシンプルすぎる曲 "Sucker MC's" をリリースする。

ライムの内容は、自分達が、いかに悪であるかを叫んだ。

今までにないサウンドであり、世間をおおいに騒がした。これをきっかけに、RUN DMCは注目されるようになる。

Run-D.M.C. / RUN DMC

デビュー・アルバム。ヒップホップ初のゴールド・アルバム(売上50万枚)を記録した。

お勧め曲は、2曲目の「Rock Box」。これぞヒップホップ+ロックだ!5曲目の「Sucker M.C.'s (Krush-Groove 1)」は、RUN DMCのファースト・シングル。この曲から彼らの伝説が始まる。やはり、このシンプルな曲は耳に残る。

衝撃2

衝撃はまだまだある。ヒップホップはブラック・ミュージックをベースとしているものだが、彼らは、それをくつがえした。

白人主流の音楽である、ロックとの融合をやり遂げた。

セカンドシングルの"ロック・ボックス"は、ロックを取り入れた曲であり、ヒップホップ=ブラック・ミュージックという常識をくつがえしたのだ。

King of Rock / RUN DMC

ヒップホップ初のプラチナ・アルバム(売上100万枚)を記録する。

衝撃3

彼らが身に着けているアディダスについて、面白いエピソードがヒップホップ・アメリカに載っていたので、簡単にまとめて紹介させていただきたい。

RUN DMCは、コンサートにアディダス社の重役達を招待していた。RUNは、名曲"マイ・アディダス"を歌う前に、客に問いかけた。

「自分のアディダス(靴)を脱いで、頭上にかざして欲しい」

すると、客は靴を脱ぎ、上にかざし、三本線の入ったスニーカーが客席全体を覆ったのだった。

コンサートが終わりステージから降りると、重役達に話を持ちかけられた。その内容は、RUNが93年の「ザ・ソース」誌の取材でこう答えている。

「アディダスの重役達に、俺仕様の生産ラインを用意するって言われたんだ」、「俺の人生で、最も記念すべき瞬間だったよ」と。

その後、RUN・DMCは、まるでスポーツ選手のようにアディダスと契約を交わし、スポーツ用品をマーケティングしたのだ。

もはや一流の大スターだ!ものすごい。

スポンサードリンク

Raising Hell / RUN DMC

○HIP・HOP初のマルチ・プラチナ・アルバム(売上200万枚)を記録する。
○HIP・HOP初のローリングストーン誌の表紙を飾った。
○HIP・HOP初、MTVでPVが放映された。
以上のことから、どれだけすごいアルバムかがわかる!

■お勧め曲

  • 3.My Adidas
    アディダスの宣伝曲みたいな・・。
  • 4.Walk This Way
    誰もが耳にしたことがあるだろう。あのロックの大御所、エアロスミスのカバーだ!

RUN・DMCを成功に導いたデフジャム・レコードの創設者、ラッセル・シモンズは、 ヒップホップ界の重要人物だ。

デフジャム・レコードは、誰もが耳にしたことがあるだろう。現在では、日本でもデフジャム・ジャパンが存在する。

ヒップホップ界で、20年以上の成功を治めているレーベルは、他にはない。

Tougher Than Leather / RUN DMC

このアルバムは、サード・アルバム"Raising Hell"までは売れてはないが、彼らの実力が向上していることが確認できる。

■お勧め曲

  • 1.Runs House
  • 2.Mary Mary
  • 4.Beats To The Rhyme
  • 6.Papa Crazy ブレイク部分にJAZZのピアノ・ソロが入っていて最高!
Down With the King / RUN DMC

お勧め曲は1曲目の「Down With The King」。この曲には思い出がある。

私が現役DJのころ、クラブで、ヒップホップ対テクノ対ハード・コアというパーティーをしたことがある。

コアのライブをやった後に、私が回す番だった。コアで盛り上がった後に回すのは自信がなかった。何を回そうか考えたあげく、タフな曲、"Down With The King"をかけると、一緒になって盛り上がってくれた。さすがRUN・DMCの3年ぶりの曲だ。

追悼

2002年10月30日、ニューヨークのスタジオで、ジャム・マスター・ジェイが2人の男に射殺された。私はショックで信じられなかった。

その後、RUN・DMCは「3人でやる以外考えられない」と解散を発表した。彼らはの人生はHIPHOPそのものであり、永久にリスペクトされていくだろう。

RUN-D.M.C.グレイテスト・ヒッツ1983-1991 / RUN DMC

大抵のアーティストはベスト・アルバムを聞けば満足するものだが、RUN・DMCはそれでは物足りない。

スポンサードリンク

次はコチラの記事へ

LL COOL J ~女性に愛されるクールなジェイムス~

1984年、ラッセル・シモンズは、カーティス・ブロウやRUN DMCを世の中に送り込んだ後、「デフジャム・レコード」から16歳の若き少年を、ヒップホップ界へ送り込んだ・・・

サブコンテンツ

このヒップホップダンスのレッスンDVDがバカ売れ?

27日間ヒップホップダンス上達プログラム

最近、EXILEの影響やヒップホップダンスが義務教育化されたこともあり、ダンスブームが起こっている。

そして、自宅で練習してヒップホップダンスが踊れるようになる「27日間ヒップホップダンス上達プログラム」というDVDがバカ売れしているらしい。・・・

このページの先頭へ