テディー・ライリーがnew jack swingを作り出す

80年代後半、ブラック・ミュージック界に、新たな音楽が誕生した。

ヒップホップは細分化され、オールド・スクールやニュー・スクール、ミドル・スクール、ギャングスタ・ラップなど色々とあるが、以外にnew jack swing(ニュー・ジャックス・ウィング)は知られていないような気がする。

1980年代後半に、全世界でダンスブームが到来したのはご存知だろうか。MCハマーのような、髪型はカクカクのヘアースタイルで、素肌にスーツを着ているような時代だ。

New Jack Swingは、音楽で言えば、ヒップホップ + R&B ÷ 2 と言えるだろう。創立者はテディー・ライリーという青年。なんと当時はまだ20歳にもなっていない少年だ。

彼は幼いころから音楽に興味を持ち、あらゆる楽器の演奏をこなした。5歳で既にゴスペル・ピアノが弾けるようになり、その後はドラムやトランペットなども操れるようになっていた。

テディー・ライリーは、ゴスペルをベースとした力強いヴォーカルに、シンセサイザーのファンキーなグルーブとヒップホップを融合させた。

彼が作り出す音楽はNew Jack Swingとよばれ、87年~89年にかけて爆発した人気を得る。

クール・モー・ディーをプロデュース。そしてへヴィーD・&The Boysへと・・・。 

スポンサードリンク

ニュー・ジャック・スィングの名前の由来

1980年代後半になると、若者のファッションは、MC・ハマーのようなカクカクのヘアー・スタイルに、首には太いゴールド・チェーンをぶら下げ、ズボンはサムエル・パンツと言った、日本で言う「ボンタン」みたいな服を着用した。

そんな彼らは、「ニュー・ジャック」と呼ばれるようになる。

ニュー・ジャックとは、アフリカン・アメリカンのスラングで、「青二才」、または、「新参者」という意味をもつらしい。

そして、テディー・ライリーが音楽を作る際に使っていた、リン社製のドラムマシーンのある操作ボタンを「スウィング」と呼び、彼の作る音楽は、ニュー・ジャック・スウィング(NJY)と命名された。

1980年代後半は、このニュー・ジャック・スウィングが世界でブレイクし、テディー・ライリーがプロデュースするニュージャック・アーティストが、数多く出現する。

代表は、ボビー・ブラウン、キース、へビィーD&The Boysなどなど、数え切れないくらいだ! 

ニュー・ジャックを知るにはこの映画

New Jack City

ストーリーは、麻薬で一攫千金を成し遂げた男を、母親が麻薬中毒者に殺された警察が取り締まるという内容。

この映画は、なんと公開後に暴動が起きたという有名な作品。

映画館が座席数を上回るチケットを前売りしてしまった為、館内に入れない少年達が怒り、映画館周辺の店の窓を割っては商品を盗んだという。

また、上映中に少年が興奮のあまりに銃を乱射し、死亡者がでた事件もあったらしい。 なんてことだ・・・。

一般人が視ればどうだか知らないが、ヒップホップのファンが視れば目からうろこがでる内容だ。

まずは、クラブでパブリック・エネミーのフレバー・フレブがMCをやっているし、GUYも出演している。それよりなにより、ICE-Tが主役級を演じているので目が離せない。私は映画に釘付けになった。

DANGEROUS / マイケル・ジャクソン

テディー・ライリーは、なんと世界のマイケル・ジャクソンにもプロデュースを依頼され、アルバム "デンジャラス"を完成させた。

又、トランペットの大御所、ジョニー・ケンプの大ヒットシングル "ジャスト・ガット・ペイド "のプロデュースと作曲をも手がける。

このバブル時代はほとんどがテディー・ライリーのプロデュースだ。

スポンサードリンク

テディー・ライリーが自らのグループを結成

プロデューサーとして活躍していたテディー・ライリーが、ついに、自らのグループ"GUY"を結成する。

元ゴスペル・シンガーのアーロン・ホールと、ティミー・ガトリックでスタートをきる。

元々は、ティミー・ガトリックの案で結成したグループだが、テディー・ライリーが中心になって音作りをしたことが気に食わず、彼は、ファーストアルバムが完成する前に脱退した。

そして、アーロン・ホールの弟、ダミオン・ホールを加えて再スタートをきった。

GUY / GUY

左の写真で見ると、右からガトリック、アーローンホール、テディー・ライリーだ。ガトリックはアルバムのリリース前に脱退したのだが、写真が残ったままだ。リリースまでに写真の変更が間に合わなかったらしい。

お勧め曲は、2曲目の「Teddys Jam」と 、4曲目の「You Can Call Me Crazy」。トラックがかっこいい。

彼らのアルバムでは、2枚目のアルバムが最高の仕上だと思う。2枚目のアルバムは、なんと、ポップチャート16位までにのぼりつめた。

The Future

NWE JACK SWING最高の創作ではなかろうか。入門するにはまずここからでしょう。

彼らの最高のアルバムだから、お勧めなんてありやしない。全部いい。ダンス・グルーブは体が踊りだす。

■お勧め曲

4.You Can Call Me Crazy
トラックがかっこいい。

ここで悲しいことに、テディー・ライリーとアーロン・ホールとが衝突してしまう。
そして、惜しくもGUYは解散となった。

その後、テディー・ライリーは、男性ボーカル・グループの「ブラック・ストリート」を結成。
アーロン・ホールと、弟のダミオン・ホールは、それぞれソロ活動を始める。

Groove Me: The Very Best of Guy / Guy

ベストアルバム

スポンサードリンク

次はコチラの記事へ

GUY 12インチ・シングル・レコードの紹介

私のGUYとの出会いは、よく通っていたクラブでビンゴ・ゲームがあり、なんと私が1番はやく上がった。その賞品として頂いたCDが、GUYの2枚目のアルバムだった・・・

サブコンテンツ

このヒップホップダンスのレッスンDVDがバカ売れ?

27日間ヒップホップダンス上達プログラム

最近、EXILEの影響やヒップホップダンスが義務教育化されたこともあり、ダンスブームが起こっている。

そして、自宅で練習してヒップホップダンスが踊れるようになる「27日間ヒップホップダンス上達プログラム」というDVDがバカ売れしているらしい。・・・

このページの先頭へ